【風俗旅行】秋田の歓楽街をご紹介


皆さん風俗を楽しんでますか?
ガシマン怪人・コヒヤマダです。

今回は秋田の歓楽街について紹介しましょう。
秋田駅の西口を降りて、15分ほど歩くと
地域を代表する歓楽街である川反(かわばた)があります。

「川反」という名前には、「川の反対側」という意味もあるそう。

そのため秋田駅から歩いて、川を渡った辺りに歓楽街があります。

ちなみに駅からはバスに乗って4分ほど。
「川反入口」というバス停なら、歓楽街の入り口辺りに降りられます。
料金は170円程度で本数も多いです。
そのため駅から歩くのが大変という方は
バスで移動しても良いですね。

他地域の人にとって馴染みのない名前ですが、
お店の数・質ともに
仙台・盛岡など東北にある有名歓楽街と遜色ないという印象です。

秋田の歓楽街・川反の特徴

1、様々なタイプの店が存在

秋田の歓楽街・川反は、飲み屋・レストラン・郷土料理・ラーメン
など様々なタイプの飲食店があります。
水商売関係のお店もスナック・クラブを中心に数多く存在。
風俗に関しても、ソープ・ヘルスなど店舗型の風俗店が充実しています。

様々なお店が点在する歓楽街ということもあり
比較的規模が大きいことも特徴です。

基本的に夕方から営業を始めるお店が多いので
昼間は少し閑散としています。

夜になるとネオンの光に照らされ
沢山の人で賑わいを見せます。

昼夜ともに川反に足を運んで、
その差を楽しむのも良いかもしれません。

2、早朝近くまで営業するお店が多い

川反にあるお店の中には、早朝近くまで営業するところも多いです。
朝4時くらいまで営業する飲み屋・スナック・クラブも少なくないので
終電を逃したとしても
始発が出るまでこの街で楽しむことができます。

また深夜から早朝まで営業するラーメン屋も多いので、
締め・すきっ腹対策などに利用できます。

そして夜になると、道には沢山のタクシーが。
飲んで外に出てもすぐにタクシーを拾えるので、
早く家に帰りたいときも安心です。

3、気軽に利用できる

様々な人が気軽に利用できることも
秋田にある歓楽街・川反の特徴です。

この街は同じ系統のお店が集中しているので、
目的・好みに応じた楽しみ方ができます。

川を越えて大通りから入ると
「赤レンガ郷土館」などの観光スポット
お菓子の家のような雰囲気のオシャレカフェ「パンプルムゥス」のようなお店も。
観光・オシャレなものが好きな人は
川反の入口辺りで満足することができます。

そこから少し先に行くと
郷土料理・レストランなどが並ぶエリアになります。
秋田ならではの料理・オシャレな食事を楽しみたい方であれば
このエリアを利用すると良いでしょう。

さらに先に行くと
スナック・クラブなどが建ち並ぶエリアに。
ここは女性とお酒を飲みたい方にオススメです。

川反の最深部に行くと
風俗店が建ち並ぶエリアがあります。
主にソープ・ヘルス店が並んでおり、
9時くらいから営業するところも少なくありません。
締まるのはほかの街と同様24時くらいです。

ソープ・ヘルス店の先に行くと
今度はリーズナブル料金で利用できるラブホテルが数軒あります。
デリヘルを呼んで遊ぶ・飲んだ後などにカップルで行くなど
様々なシチュエーションで利用可能です。

また川反は呼び込みの数は多いですが、
声をかけてくる人が少ないのも特徴です。
たまに声をかけられても「〇〇どうですか?」程度。
いかつめの人からホスト系まで様々なタイプがいますが、
しつこくないので一般の人でも不快な思いをせずに
街を歩くことができるでしょう。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【風俗旅行】秋田におけるラーメン

【風俗旅行】秋田・川反の飲み屋を紹介

【風俗旅行】秋田の総括

【風俗旅行】美女の郷に進出!

【風俗旅行】秋田風俗をさらに楽しむ方法