【風俗旅行】歓楽街すすきのをご紹介


どーも!
ガシマン大好きなコヒヤマダです。

北海道の風俗旅行として、函館の次に訪れたのは
地域の中心都市である札幌です。

今回はその歓楽街である「すすきの」をご紹介します。

すすきのの特徴

1、様々なタイプのお店が存在

北海道を代表する歓楽街・すすきのは
東京でいえば「新宿・歌舞伎町」
関西でいえば「難波」
のように雑然とした街です。

昼夜問わず多くの人で賑わっており
・風俗
・水商売関連
・飲食店
・飲み屋
・アミューズメント施設
など様々なタイプのお店があります。

特に
・キャバクラ(本州でいうところのおっぱぶ)
・ニュークラブ(本州でいうところののキャバクラ)
など水商売関連や風俗店が多く
お店を宣伝する看板は街のいたるところにあります。


キャバクラの看板
「ジョジョ」という名前のお店も・・・


ニュークラブの有名店の看板


ガールズバーの有名店
ポールダンスをする女の子を見ながら、水着のように露出度の高いキャストとお酒を飲めます。

またすすきの近くの「狸小路」というアーケード街は
大阪・心斎橋、仙台・国分町のように
飲食・ファッション・観光など多くのお店があります。
すすきのに比べると、風俗などのお店が少ないので
女性・ファミリーでも抵抗なくいくことが可能です。


狸小路


狸小路にある女性専用スパ

そして札幌駅の方に行くと、ビルが多いオフィス街という雰囲気。
このエリアは東京駅・神田のような印象です。


札幌駅近辺のビル街

2、風俗ビルが存在

北海道を代表する歓楽街・すすきのには
・デリヘル
・メンズエステ
・ソープ
・ヘルス
など様々な業種の風俗店があります。

・デリヘル 170以上
・ヘルス 80以上
・ソープ 約40
などそれぞれの業種の店数が多いことも特徴です。

そんな「すすきの」には、風俗店が集まるビルもあります。
・ビルの規模が大きい
・同じ業種のお店が集中する
といった特徴があるので、辺りを歩くだけでも面白いです。


風俗ビル①
大手企業のビル、百貨店なみの規模です・・・


風俗ビル②
同じ業種のお店が集まっています。

3、客引きがしつこい

様々なタイプのお店、風俗ビルがあるなど
大規模な歓楽街といえるすすきの。

この街を歩くときに注意すべきは、客引きです。

特徴としては
・昼間の時間帯に多い
・遠くにいても、こちらを発見したらすぐに近寄ってくる
・サッカーやバスケのマンマークのようにしつこい
といったこと。

しかも「若くてスタイルの良い女の子」の呼び込みもいるので、
女性だと思って気を許すのは危険です。

お店とは何も関係ない場合が多く、
着いていくとぼったくりにあう可能性が高いので注意しましょう。

4、日曜休業のお店が多い

「すすきの」が特に賑わいを見せるのは
金曜や土曜の夜、連休といったときです。
それはほかの地域の歓楽街と変わりありません。

ただ休みが終わる直前の日曜は、
比較的訪れる人が少ないということもあり
休みにしているお店も多いです。
特にキャバクラ・ガールズバーなどの水商売関連のお店
飲み屋などはその傾向が強いと思います。

風俗に関しては営業していますが、
ほかの日に比べて出勤数が減るという印象があります。

そのため日曜の夜にすすきのに行っても、
「思ったほど店がやってない」ため
がっかりするかもしれません。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【風俗旅行】すすきの風俗をさらに楽しむ方法

【風俗旅行】すすきのの水商売関連店を紹介