【風俗旅行】ガシマン怪人 水戸の飲み屋を徘徊


どーも!
ガシマン怪人コヒヤマダです。

茨城県で土浦の次に訪れた水戸を知るため、
飲み屋にも行ってきました。

そこで今回は私が感じた、水戸の飲み屋の特徴を説明しましょう。

水戸の飲み屋の特徴

1、スナックやキャバクラはビルにお店が集中

水戸の飲み屋はひとつのビルにお店が集中している印象です。
特にキャバクラ・スナックはその傾向が強く、
中には数十店あるところも。
同じエリアに似たタイプのビルが多いため、
女性と飲めるお店がすぐに見つかります。


歓楽街の中にあったビル


数十店のキャバクラ・スナックが集中するビル
少し高級感のあるお店が多い印象

これらのビルが多いのは、風俗店が多い天王町と大通りを面して逆のエリア。
天王町と同様に、こちらも客引きが活発です。
ただこちらの方が、いかつい感じの黒服が多いと思いました。

2、バーは常連客が多め

水戸にあるバーは、常連客が多いという感じです。
その点では一般的な飲み屋と同じですが、
同じ茨城県の土浦と同様、結びつきが強い感じでした。

私が訪れたバーは
マスター・お客さんともにフレンドリー。
マスターを介していつの間にか一緒に話をしていることも多かったです。
旅行に来ていながらも、身近な人といるような居心地の良さがありました。

美味しいお酒を飲めるオシャレなバー。
落ち着いて飲むのにも、(水戸では)地元の人と仲良くなるのにも良い環境。

ジャズが流れる落ち着いた雰囲気。
デートで女性を連れてきたくなります。

このように水戸のバーは、オシャレな雰囲気の中で、美味しいお酒を飲めることも魅力です。
水戸に来て
少し背伸びをして格好つけたい・地元の人と仲良くしたいという人は
バーを利用すると良いでしょう。

また水戸駅から割と近めにあるバーが多いことも特徴です。

3、昭和レトロな雰囲気の居酒屋も多数存在

水戸の飲み屋の中には、昭和レトロな雰囲気を漂わせるお店も少なくありません。

トップ画像のように時代を感じさせる飲み屋街。
下の写真のように、建物の中に昔ながらの雰囲気の飲み屋が集まる場所も。

お店によってコンセプトやメニューに差があるものの、
安く飲める部分は共通しています。
「せんべろ」体験をしたい・飲み屋をはしごしたい方にもオススメです。

またこちらの建物は風俗街の天王町の近くにあるため、
風俗前の景気づけ・風俗後の反省会にも良いでしょう。

このように水戸には、安く飲める・オシャレな雰囲気・(上手くいけば)地元の人と話せる
など様々なタイプの飲み屋やバーがあります。
多くのお店が集まる建物や飲み屋街もあるので、
街歩きをして「気に入った」お店に入りたいという人にも良いですね。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【風俗旅行】ガシマン怪人 水戸の思い出を語る

【風俗旅行】ガシマン怪人 北関東第2の都市へ!

【風俗旅行】ガシマン怪人 水戸の歓楽街を行く

【風俗旅行】ガシマン怪人 水戸のラブホテルに潜入