ギャル系ソープ嬢と対決!【水戸 ウゴウゴ りん】

こんばんは!
ガシマン怪人ことコヒヤマダです。

水戸は昨日まで雨の影響で涼しかったですが、
今日は夏の暑さが復活!
私自身は滝のように汗が出ていますが、
街行く女の子のノースリーブ率が高まって興奮しています(笑)

今回は水戸に来て初めて風俗を利用!
どんな女の子と遊べるのかワクワクしています。

ウゴウゴ 口コミ・体験談
エリア 水戸
業種 ソープ
総額料金 80分:19,000円
調査員 コヒヤマダ

まずはお店に電話して、気になった女の子の予約を取ります。

コヒヤマダ

コヒヤマダ
りんちゃんを指名したいのですが

店員さん

店員さん
ありがとうございます。今のところ、ほとんどの時間で予約が取れますよ!

「おいおい人気がないのか?」と少し不安になりながらも

コヒヤマダ

コヒヤマダ
お昼過ぎが良いですね

店員さん

店員さん
大丈夫ですよ!お待ちしています

お店に電話をして予約を済ませると、
腹ごしらえをするため街へと向かいます。

アクシデントで焼肉が焼き鳥に

私は無類の焼肉好きで、東京では定期的に高いお店に行っていました。
そして土浦でも風俗1発目は焼肉だったので、今度も焼肉を食べようと考えます。
土浦の焼肉屋は美味しかったですが、水戸の焼肉は私の舌を満足させられるのか楽しみです。

そう思ったら思わぬアクシデントが・・・
食べようと思っていたお店は、貸し切りで利用できないとのこと。
近くの焼肉屋は昼間は空いてないところばかりで、焼肉屋のある駅前に戻る時間もありません。

途方に暮れる私の前に現れたのは少し歴史を感じさせる外観の焼き鳥屋。
ほかの選択肢はコンビニくらいしかないので、イチかバチか入店。

そこで頼んだのは焼き鳥の盛り合わせ。

果たして私の舌は満足できるのでしょうか?

結果としてとても満足できました。
さっぱり味ではあるものの、口に入れるとジューシーな肉汁が漏れます。
焼き鳥の肉汁に女の子の愛液を想像した私は、
少しテンションを上げてお店へと向かいました。

客引きが元気な歓楽街・天王町

ウゴウゴのある水戸の歓楽街・天王町は、昼間なので人通りは多くありません。
そして猛暑ということもあり、店の前にいる店員さんの多くは
Tシャツに短パンというラフな格好。
ただ同じ茨城県の土浦とは違って、全体的に客引きがアグレッシブ・・・
道を歩いていたら遠くから来て声をかけてきて、
しばらく離れずにくっついてきます。

そのためお店に行くまでに、少し体力が消耗しました。
ガシマンのキレが落ちたらどう責任を取ってくれるのでしょうか(怒)

女の子の写真が使われた派手な外観のお店

天王町の裏通りにあるウガウガは、
ピンクを基調とした派手な外観のお店です。
また女の子の写真が複数使われています。
下品な感じの派手さで、田舎にある風俗店という感じの外観です(笑)

このように派手めな外観とは違い、内装は地味という感じ。
待合室は2つずつ固まった小さなソファーが、人の通り道を避けるようサイドに等間隔で置かれています。
その前にガラスの丸机、奥に小さなテレビという配置。
テレビの横にはウォーターサーバーとマンガ本の置かれた棚がありました。

そして土浦のソープと同じで、待っている間に水などを出してくれる訳ではありません。

水戸ではじめて出会う風俗嬢は?

店員さんから呼ばれ奥に移動し、女の子と対面し部屋へと移動します。
部屋のサイズはかなり広め。
ただベッドだけはあまり大きくありませんでした・・・
清潔感のあるお部屋で、引っ越したばかりの家に来たような感じです。

りんちゃんはお店のHP写真での印象は、
ギャル要素が強めでスレンダーな体型の女の子。
実物は写真よりもかなりマイルドな感じ。
服を脱ぐとお腹がややポッコリしており、少し肉付きが良いという印象。
ギャル・スレンダーといった部分に惹かれたため
「マイナス40点」という感じです。

りん
年齢 22歳
スリーサイズ T153・82(C)・56・84

ただにこやかな笑顔で話しかけてくる彼女は、
かなりノリが良くて明るい性格という印象。
楽しい雰囲気で話していると、ちょっとイントネーションが気になりました。

そこで確認

コヒヤマダ

コヒヤマダ
もしかして関西の人?

りんちゃん

りんちゃん
そうやで!

どうやら彼女は関西から出稼ぎで来ている模様。
せっかく水戸に来ているのに、全く違う地域の女の子ということで
がっかりした私は「マイナス20点(哀)」と心の中でつぶやきます。

ギャル系風俗嬢の反応は?

その後無駄に広いお風呂に移動し、シャワーを浴びます。
ムスコを中心に身体を洗ってもらった後に、浴槽へと移動。
少し雑談をしていると「暑いから出るわ」という彼女とともにお風呂から出ます。

ベッドに移動すると「ゴロンとなって」と促されます。
この流れは土浦のソープと同じで、
「責められないパターンか」と悪夢が蘇りました。
ただ「責めたいんだけど」というと、「ええで」と横になってくれる彼女。
最悪の事態を免れ「ホッ」と胸を撫でおろします。

仰向けに寝ている彼女の胸を揉み、乳首を舐めていきます。
それと同時にワキを舐めて、においをかぎました。
続けて下の方に移動した私は、突起した部分を舐めながら秘所を優しくこすります。
特に声を出さない彼女に対し、
突起した部分を舐める・秘所を擦る・お尻をスリスリするという
コヒヤマダ3点同時責めを敢行。

すると「ウッ」「ウッ」という声を出し、
ときおり腰を浮かせながら感じる彼女。
秘所をこすると徐々にヌルッとした感触が。
喘ぎ声は抑えめながらも、身体はしっかり感じているという状態。

そんな彼女の本気度の高い反応を見て
私のテンションもさらに高まります。
「そろそろ頃合い」とばかり
ガシマンをしたいという欲求が抑えきれなくなりました。

コヒヤマダのワキ舐めレポート
キレイさ 少しカミソリの傷がありました
味わい 味は特にありません
触感 少しだけザラッとしていました
におい ワキ自体のにおいはしませんでした

ガシマンタイムの結果は?

身体を「ビクッ」と震わせて感じる彼女に対し、
お待ちかねのガシマンタイムがスタート。

コヒヤマダ

コヒヤマダ
強く動かして良いかな?

と念のため彼女に確認
りんちゃん

りんちゃん
それはあかん!

まさかの拒否。

諦めず何度かお願いしたものの、結局彼女の首は縦には動きませんでした・・・

感じているように見えた彼女のガシマン拒否に
私は立ちくらみをするような衝撃を受けます。

「マ、マ、マイナス90点(哀)」
ショックのあまり寝込んでしまいそうに・・・
このような精神状態の私は
彼女の関西弁により怒りを感じてしまいました(怒)

しかしここで気を取り直し本番を楽しむことにします。
彼女はガシマンはNGですが、本番で自由に動くことはOKとのこと。
ムスコにゴムを付け、彼女のNに〇入し、正〇位の体勢で腰を動かします。
そしてガシマンのできないフラストレーションをぶつけるかのように
強めに腰を打ち付けました。
「アンッ」「アンッ」と先ほどより大きめの声を出す彼女。
Nはもうヌルヌルで、ムスコを「ギュッ」と締め付けてきます。
発射しないようスローなピストンもしましたが、
あまりの気持ち良さに我慢も限界に。
結局そのままフィ〇ッシュを迎えました。

お店評価:ウゴウゴ

総合評価:60点

とにかくガシマンができなかったことが大きなマイナスです。
ただ秘所を舐めたときに見せた本気度の高い反応、
本番のときのNの締め付けはそれなりには満足させてくれました。
それだけにガシマンNGは痛かったですね(怒)
ただお風呂は広いものの、店員さんの対応など
また来たいと思わせる要素は少ないように感じます。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。