廃墟で驚きの体験【八戸 裏風俗】

ドーモ!
女の子の喘ぎ声が大好きなコヒヤマダです。

先日は久しぶりに風俗旅行で八戸に行きました。
目的は青森の主要都市のサロンを制覇すること。
今まで青森市と弘前は遊び済。
もうひとつの主要都市である八戸に行けばミッションコンプリートという訳です。
この街のサロンは、ややぽっちゃりだが若い女の子が揃っているそう。
ここまでの2都市は年齢が少し高めの嬢だったので、
今度は若い青森娘と堪能したいと思います。

裏風俗 口コミ・体験談
エリア 八戸
業種 裏風俗
総額料金 60分15,000円(ドリンク代1,000円含む)
調査員 コヒヤマダ

八戸サロン前の食事は?

地元グルメを楽しみつつ、しっかりした腹ごしらえをするため
有名スポット「八食センター」へ。

港町・八戸の新鮮な海鮮を中心に、
お酒・土産物など様々なタイプのお店が揃うショッピングセンター。

今回訪れたのはその中にある「七厘村」

店内で七輪・お箸・紙皿などのセットを借り、センター内で買ったものを食べるというシステム。
2時間350円と料金もリーズナブル。
センター内を物色して気になったものを購入して、七輪で焼きます。


ここで食べたのは八戸名物のイカと、青森県産の鶏を使った焼き鳥。
イカは購入したときに食べやすいようにカットしてもらえました。
コリコリとした食感で美味でしたね。
日本酒と一緒に食べると良さそうです。

他にもカレイ・ホッケなどを焼いて食べたのでお腹はいっぱい!
地元の美味しい魚を堪能できて大満足。

食事の後は近くにある健康ランドで身体を清めて
若い女の子のいるサロンに備えました。

サロンに行くはずが裏風俗に

「八食センター」で腹ごしらえをして、宿泊先のホテルで体勢を整え
21時頃にお目当てのサロンに向かいます。

中心街にあるサロンはホテルから徒歩10分前後。

飲み屋が立ち並ぶ歓楽街は賑やかですが、サロンの界隈に行くと落ち着いた感じになります。
人もまばらになり、ネオンの光も少なくなるので、歩くのは少し恐い感じ。
サロンと道路を挟んでビジネスホテルとコンビニがあるのが救いです。

到着したのでサロンに入ろうとしますが、ビルの前に誰もいません。
看板の光も付いておらず、建物の中には誰もいない感じ・・・
「まだやってないのかな?」と思い、近くを歩いて様子を見ることに。
20分くらいたってもオープンする気配がありません。

「空振りか」とがっかりしていると、小柄な怪しいおじいさんが声を掛けてきました。

怪しいおじいさん

怪しいおじいさん
お兄さん。あの店は週末しかやってないよ

その言葉に愕然。
ネットで調べてもそんな情報はなかったはず。
怪しいおじいさん

怪しいおじいさん
ああいう店に行きたいならうちで遊んでかない?女の子はちょっと年取ってるけど、スレンダーだしサービスは抜群だよ

また年齢高めの嬢が相手なのは嫌だが、空振りのまま帰るのももったいない。
コヒヤマダ

コヒヤマダ
いくらかかる?

怪しいおじいさん

怪しいおじいさん
最後まで出来て60分で14,000円だよ。それ以外はかからない

メチャクチャ怪しいと思いながらも「それ以上は出せない」と念を押し、怪しいおじいさんについていくことに。

近くだと言われ

このようにさびれた通りを1分程度歩きます。
その間に携帯電話で女の子に電話をして
「お客さん来たから今から来て」
と伝えていました。

廃墟ビルのシャッターを開けると

こんな感じのボロボロの空間。
照明は薄暗く、幽霊でもいそうな感じ。

おじいちゃんに料金を支払うと
室内にある年季の入ったストーブを付け
ドリンク(ウーロン茶)を用意してくれます。

怪しいおじいさん

怪しいおじいさん
もうちょっとで女の子来るから10分くらい待ってて

そう言い残して彼は外に出て、廃墟の中を一人取り残され、ボロボロのソファーに座って女の子?の到着を待ちます。

八戸裏風俗の風俗嬢は?

不安な気持ちで10分、15分と待っていると、遠くでおじいさんと女性の声が聞こえ、シャッターを開ける音がします。
ガチャッとドアが開くと、「あれー!お客さんいませんか?」という甲高い声。
そしてあらわれたのは顔に霜焼けが目立つおばちゃん。
確かに太ってはいませんが、「熟女」というカテゴリーより上という感じ。

隣に座ると甲高い声でどんどん話しかけてきます。
見た目や声を総合するとイメージはこの方。

当然テンションが下がります。
サロンがやっているときにまた来るべきだったのでは?
そんな後悔が頭の中を駆け回りました。

甲高い声のおばちゃん

甲高い声のおばちゃん
あのー〇〇もドリンクいただいて良いですか?

かなり年齢が高いのに、主語が自分の名前(源氏名)なのもしゃくに触ります。
甲高い声のおばちゃん

甲高い声のおばちゃん
ありがとう!1,000円になります

コヒヤマダ

コヒヤマダ
(金取るのかよ!)

心の中でツッコんでしまいました。
それとともに「マイナス30点」

話をしてみると、どうやら彼女はずっとこの街に住んでいるそう。
地元の女の子とエッチなことができるのは良いことです。
年齢がもう2~30歳くらい若ければね(哀)

この後も「追加料金をくれれば特別サービスがある」といった説明など
おばちゃんらしく、言いたいことをガンガン伝えてきます。
話を聞いていると少しメン〇ラっぽい感じ・・・
本当にこの人はサービスが良いのでしょうか?

八戸裏風俗の結果は?

少し話をしているとおばちゃんが照明を暗くします。

甲高い声のおばちゃん

甲高い声のおばちゃん
話してばかりじゃなくてサービスしないとね。裸を見られると恥ずかしいから電気暗くするね

これまたこちらの答えも聞かずに勝手に話を進めます。

室内はピンサロ店のように暗くなり、その中で服を脱ぎました。
それを確認するとおしぼりでムスコを丁寧に拭いてフェラを移行し、
「ジュボジュボ」と一心不乱に舐めてくれました。
人生経験豊富なおばちゃんなのでテクはなかなか。
不覚にもムスコが少し膨らんでしまいました・・・

続いて69の体勢になっておばちゃんの秘所を攻めます。
室内は暗いので分かりにくいものの、思ったよりもキレイな印象。
指を出し入れすると
「アアアンッ!」
「気持ち良い!」
と大きく甲高い喘ぎ声が響きます。
身体をビクンっと波打たせるところから本気度が伝わります。

そのままの流れで指を強く動かしますが
「入れる前にイッちゃうからダメ」
とまさかのガシマンストップ。
当然「マイナス50点」

こちらのテンションが下がったのはお構いなしに
「入れたくなっちゃった」と上に着ていた服も脱ぐ彼女。
暗くてしっかり確認できませんでしたが
シルエットだけ見ると細身でスタイルは良さそうです。
ゴムを付け、騎乗位の体勢で挿入し腰を動かしてくれます。

「大きいのが奥まで当たってる」
「凄く気持ち良い」
と腰を動かしながら甲高い声で喘ぎます。

今度は腰を抑え、下から突きあげます。
奥まで届くようなピストンにおばちゃんのテンションも最高潮。
「アアンッ!」
「いっぱい突いて!」
「〇〇イッちゃうよ!」
本気の反応はイヤらしく、耳元で激しい息遣いが聞こえるのも興奮させられます。
反応だけなら「プラス30点」ですね。

そのままの流れでラストスパート。
相手を気持ち良くするのではなく、自分が発射するために激しくピストン。
甲高い声が響き渡り、中がキュッと締まったのと同時にフィニッシュ。
何とおばちゃんを相手にイッてしまいました・・・

お店評価:裏風俗

総合評価:50点

店内?は汚く、嬢の年齢が高すぎることもあって大幅なマイナス。
不覚にも反応が良く、発射できたので少しだけプラス。
料金を考えてもコスパは悪いと思います。
ネタとしては良いかなという感じです。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。