セクシーなお姉さんと官能小説のような濃密な時間を堪能【桃李】

ソープが大好きなコヒヤマダです。
今回はセクシーお姉さんとの濃厚なプレイを楽しめました。

桃李 口コミ・体験談

エリア:池袋

業種:ソープ

コース:基本コース

料金総額(70分):23,000円

強い物言いの店員と古い内装に不安を覚える

今回利用した池袋にあるソープ店「桃李」は何度かお店の前を通ったことがあり、紫色の看板や少し昔風の作りの外観で「昔のキャバレーみたい」だと気になっていたお店です。
HPを見て良いと思ったSちゃんと遊ぶため予約の電話をかけてみると、2コール目でスタッフが電話に出ます。
スタッフ「はい桃李です」
コヒヤマダ「今日のSちゃんの予約はできますか」
スタッフ「何時に来ますか?」
コヒヤマダ「できれば1時間後が良いのですが」
スタッフ「その時間は空いてないです。その時間が良いなら、もっと早く連絡して欲しかったですね。15時くらいなら大丈夫ですかね」
コヒヤマダ「ではその時間でお願いします」
ぶっきらぼうな対応に少し不安を感じながらも、お昼を食べてからお店に移動。
待合室に通され、総額料金を支払うとソファーでマンガを読みながら案内されるのを待つことに。
赤色電球のような趣ある照明が灯る待合室は、スペースは広いものの穴が開いたボロボロのソファーが並んでいます。
壁を見ても所々はがれている・染みが目立つなど、汚くて不安な気持ちにさせられました。
「このお店は失敗だったかな」と思っていると女の子の用意ができて、お店の奥に移動します。

ハッキリと物を言う色っぽいお姉さんと過ごす

対面したSちゃんは大きな目が印象的なはっきりとした顔立ちに、大人の色気を感じさせるセクシーな肉体の持ち主です。
肌が浅黒く年齢を感じさせるものの、顔にしわが無いこともあり「おばさん」というより「お姉さん」といった感じ。
Gカップあるというバストは、ネグリジェのような服の上からでも膨らみが目立ちます。
そんな彼女はハキハキと物を言う女性でした。
ベッドに座って話をすると「うちに来たのはじめて?」という質問。
「うん」と答えると「もっと若い子と遊べる店があるのに」といった返事。
それに「自分で服を脱ぐ」と言うと、「こういうお店は女の子に脱がせてもらわないともったいないよ」と諭すような物言い。
彼女の言葉に従うように服を脱がせてもらいましたが、その対応に「ちょっと強い」と思ってしまいます。
お部屋は広々としており中国の宮殿の寝室のような内装でしたが、この時点ではあまりくつろぐことができませんでした。
Sちゃんは服を脱ぐと程良く引き締まった身体に、真ん丸とした形のGカップバストが目立ちます。
お尻や脚などを見ると若干のたるみがあるものの、特に気になるほどのものではありません。
グラマラスボディーは大人の色気を醸し出しており、「この肉体を堪能したい」と思いました。

官能小説のような時間を満喫

Sちゃんとのひとときは、官能小説のように濃厚な時間となりました。
浴室で身体を洗ってからベッドに移動し、口づけをかわしてからプレイを始めます。
「責めたい」という希望を出した私に対し、その要望を受け入れてベッドに仰向けに寝転がる彼女。
美味しそうな肉体を前に興奮度が高まりました。
まずはGカップバストを揉みながら、もう片方の乳首を舐めていきます。
マシュマロのように柔らかい感触のバストは揉み心地抜群。
責めていくうちに乳首が少しずつ立っていきます。
そして今度は秘所を責めるため、Sちゃんの股を開きその中に顔を入れます。
「舐めて良い?」と聞くと、「良いけど指は入れないで」と答える彼女。
○リをねっとりと舐めながら、彼女の要望通り指を入れずに秘所を外から擦ります。
すると「アンッ」「ハアンッ」という少しハスキーで艶っぽい喘ぎ声が。
それと同時に身体を蛇のようにくねらせながら感じています。
薄暗い部屋の中での光景ということもあり、官能小説の一説のように感じられました。
ひとしきり責めると今度はSちゃんがビンビンになった私の○スコを責めます。
「大きいね」と微笑ながら「パクリッ」と咥え、舌を絡ませるように舐めていきます。
「チロチロ」とライトに舐める・「ズゾゾゾ」と音を立てて吸い込むといったメリハリが感じられる責めは、人生経験豊富なお姉さんならではといった感じ。
続いて○のままで彼女に○入。
常位で責めると「アアンッ!気持ち良い!」という官能的な声が響きます。
その後○常位か○ックへと体勢を変えて、最後は○常位でフィニッシュ。
Sちゃんの○に発射します。
力を使い果たした私はそのままSちゃんの上に倒れかかります。
そのとき頭をなでながら余裕ある優しい微笑を見せる彼女は、「聖母」のように感じられました。

お店評価:桃李

総合評価:80点
Sちゃんはある程度年齢は行ってそうな雰囲気はあるものの、身体が程良く引き締まっているなど体型を維持していました。
ハッキリとした顔立ちにGカップバストが目立つセクシーな肉体も魅力的で、容姿だけ見ると「当たり」と言えるだけのクオリティー。
ちょっと強めの物言いは「恐かった」ですが、プレイ時の艶っぽい反応にプレイ後の「聖母」のような微笑は良い意味でギャップを感じられます。

「桃李」はお店のスタッフの対応が良くないと思いました。
そして「古いキャバレー」のような趣が感じられるものの、汚い待合室は不安が感じられます。
今回遊んだSちゃんのように「イイオンナ」がいるので、スタッフにはもう少しソフトな物言いをして欲しいですね。
そうしてくれればまた遊んでも良いかなと思いました。

おすすめ風俗店

池袋人妻
池袋人妻:セカンドラブ

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。