【風俗旅行】ガシマン怪人 宇都宮のラブホテルを体験

みなさん朝立ちしてますか?
ガシマン怪人ことコヒヤマダです。

今回は宇都宮で、デリヘルと出張エステを利用。
都内とは違うシステムに驚かされました。

そこで今回は私が利用した、宇都宮のラブホテルについて書いていきます。

宇都宮で利用したラブホテルの特徴

1、スタッフと会わずに利用できる

今回利用した宇都宮のラブホテルは、スタッフと関わらずに利用できるように思えました。

ホテルの敷地に入ると、駐車場はこのように

部屋の料金や設備が書いてあるので、それを参考に利用するお部屋を決めます。
決めたらカーテンを閉め、車の場合は駐車スペースに車を置くという流れです。


ホテルによってはこのように、部屋の利用状況・料金などを
表示しているところもあります。

そして部屋に入るとこのような清算機が

料金は後払いで、帰るときに「清算」と押すと
今回の料金が表示されます。
そこにお金を入れて、その場で清算できるのです。
またホテルによっては、クレジットカードでの支払いも可能。

このようなシステムのあるラブホテルでは、
スタッフさんのいる受付はありません。
何かあったら部屋にある電話で問い合わせ。

都内や歓楽街のラブホテルのように、必ず受付を通る訳ではありません。
そのため女性以外は誰とも会わずに利用できます。

2、特徴のあるお部屋が多い

今回私が利用したのは

X字枷があるお部屋と


木目の壁が目立つ、落ち着いた雰囲気のお部屋

そして部屋にはこのように

大人のおもちゃが備え付けられています

それぞれ4,000円前後という低価格で利用できました。
ホテルの部屋の情報を見ると、
X字枷がある・SMルームがあるなど特徴のあるお部屋が多数。
お姫様の寝室・リゾートっぽいお部屋などもあり
部屋を選ぶのに迷ってしまいました。

私はデリヘルの女の子にX字枷の利用を断られてしまいましたが(哀)
気の合う風俗嬢と新鮮な時間を過ごすために
利用してみても良いでしょう。

3、歓楽街から離れている

宇都宮で私が利用したラブホテルは、ソープ店や水商売関連のお店がある
歓楽街からはかなり離れています。

JRの駅からバスに20分くらい乗り、
その後歩いて10~15分。
繁華街から離れた国道沿いですが

河や


田んぼなど

のどかな風景が広がります。

駐車場があることを考えても、基本的には車移動の人がほとんどだと思われます。
私のようにバス・歩きで来る人は珍しいでしょう・・・・

車で行く場合は狭い裏道にあるので、運転のときはスピードを出し過ぎないように注意が必要です。
バスで行く場合は、本数が少ないのでスケジュールを考えて移動することが
大切だと思います。

こういった特徴のあるラブホテルなので、ナンパした女の子と行きずりで遊んでいるようで
とても興奮できましたね。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【風俗旅行】ガシマン怪人 宇都宮の歓楽街を散策

【風俗旅行】ガシマン怪人 宇都宮の飲み屋を堪能

【風俗旅行】ガシマン怪人 宇都宮での思い出を語る

【風俗旅行】宇都宮風俗嬢のウエストを比較

【風俗旅行】ガシマン怪人 栃木県へ進出!