【風俗旅行】山形の飲み屋を紹介


どーも!
ガシマン怪人・コヒヤマダです。

風俗旅行で訪れた山形市の歓楽街には
風俗はほとんどありませんが、バーや居酒屋は沢山ありました。
この街でもいくつかの飲み屋を利用しています。

そこで今回は、山形市の飲み屋を紹介します。

ピンキー
エリア 七日町
業種 ガールズバー
総額料金 60分:4,700円

まず利用したのは、歓楽街・七日町にあるガールズバー「ピンキー」。
20時オープンで、料金は60分2,500円から。


外観はこんな感じです。

ビルの2階がお店で、
ごく一般的なカウンター席が並んでいます。

20代くらいの色白でかわいらしい女の子が3人いました。
時間が早かったこともありお客さんはおらず、
2人の女の子と一緒にお酒を飲みます。
ともに山形出身の子で
山形についてトークができて楽しかったですね。

また利用した日はコスプレデーだったため
女の子はバニーガール姿。
そのため手を上げるとワキが見えます。
付いてくれた女の子はスラッとしていてスタイルも良く、
そんな女の子のワキや胸の谷間を見ながら飲めたので
私にとっては天国でした(笑)

またこのお店はコンパニオン派遣会社が運営するお店。
天童やかみのやま温泉などに呼ばれ、
宴会でお酒を注いだり、男性とお話しすることも多いそう。
そのためここのお店の女の子は
・それなりに容姿レベルが高い
・空気を読んだ対応ができる
・きっちり仕事ができる
といった人が多い印象。

60分で2人の女の子に1杯ずつ飲ませて4,700円でしたが
山形美女のワキを見ながら飲めたこともあって満足できました。

MJ
エリア 天童
業種 スナック
総額料金 3,000円

天童にある歓楽街エリアにあるスナックです。

「ぎおん小路」という古くからあるような
横丁にあります。

この一帯では19時過ぎに空いているお店はあまりありません。
そんな中空いていたのがこちらのスナック。
出てきたのはアジア系のママさん。
年齢は40~50代くらいのようで体系はややふっくら。
ただ目鼻立ちのはっきりしたエキゾティックな美人。
明るくて愛想も良く、カタコトっぽい日本語の中には
「〇だべ」など山形弁が入っています。

お酒は飲み放題で、少なくなってきたら
ママさんがすぐに足してくれます。
また話をしているうちに
「温かいもの作ろうね」と芋煮を作ってくれたり、
「これ知り合いからもらったの」と枝豆が出てきたりします。
それ以外にも漬物やスナック菓子まで。
さらにカラオケも無料。
店の前には1時間3,000円と書かれていましたが
これだけついてもお値段は変わりません。
それどころか2時間いたのに
「サービス」と1時間分の料金で飲めました。

その日はいなかったですが
娘さんと一緒にお店をしているそう。
ママさんが美人なので、娘さんもキレイだと思います。
彼女を見ることも目的に、山形に行ったらまた立ち寄りたいと思いました。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【風俗旅行】東北2県目に突入!

【風俗旅行】山形駅からも近い歓楽街を紹介

【風俗旅行】山形風俗をさらに楽しむ方法

【風俗旅行】山形の総括

【風俗旅行】山形のラブホテルを紹介

【風俗旅行】山形駅付近の歓楽街を紹介