【風俗旅行】東北2県目に突入!


皆さん風俗ライフを楽しんでますか?
美女のワキを舐めるのも好きなコヒヤマダです。

前回は東北への風俗旅行として
福島県の郡山を訪れました。

今回訪れたのは山形市。
日本海側から責めていく算段です(笑)
その中心的な駅である山形駅。
郡山と同様新幹線も乗り入れしているのですが・・・

一気に田舎感が強まった感じ・・
駅自体も小さく、何となく古い印象。
関東首都圏の急行が止まる駅に比べても劣る感じです。
北関東の風俗旅行で最も田舎だと思った土浦駅
(水戸の人に「あそこは寂れすぎててひどい」といわれるほど)と
遜色ありません。
ひとつの県の中心的な駅がこれで良いのでしょうか。


ホームを出るとこんな垂れ幕。
「山形」と「蔵王温泉」が並列に扱われる感じで
地方の街に来たという気分を高めます。


駅近辺のwi-fiスポット。
特産物のサクランボを推しています。

さらに駅を出て少し歩きますが、印象は変わらず。
ポツポツとコンビニ・銀行・百貨店などがあるものの
地域の繁華街というより
鈍行した止まらない駅といった雰囲気が強めです。


駅から見える怪しげなビル。
居酒屋・無料案内所・レンタルルームなどがあります。


通りにある山形の銀行。
ここにもサクランボマークが!

そんな山形駅近辺は、あまり人通りがありませんでした。
女性も近くのお店で働くおばさん
近所の学校に通う小中学生ばかり。
学校のジャージを着た女子学生も多く、
自分の学生時代を思い出します。
彼女たちだけを見ると、郡山と同様
・あか抜けていない
・肌が白い
という印象。

ただ郡山に比べると
・美女が少ない
・なまりがきつい
(すれ違う女子学生の会話を聞く限り)
かなという感じ。
今後の滞在や風俗利用で山形美女を見つけていきたいと思います!

ガシマン怪人の山形風俗での奮闘、歓楽街のレポートなどはまたアップします。

俺がコヒヤマダだ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【風俗旅行】山形駅付近の歓楽街を紹介

【風俗旅行】山形の総括

【風俗旅行】山形駅からも近い歓楽街を紹介

【風俗旅行】山形風俗をさらに楽しむ方法

【風俗旅行】山形の飲み屋を紹介

【風俗旅行】山形のラブホテルを紹介